top of page

「君の根は。大地再生にいどむ人びと」上映会

更新日:2023年5月24日


2023年11月25日 大地再生にいどむ人びとを描いたドキュメンタリー映画「君の根は。(英題 to which we belong)」の上映会と、夕張郡長沼町で4年前から不耕起とカバークロップによるリジェネラティブ農業(大地再生農業)に取り組まれているメノビレッジ長沼のレイモンドさんとのトーク会に参加しました。@会場:本棚カフェしろくまとあざらし



上映前には、実際の不耕起とミックスカバークロップの畑も見学させていただきました。11月末の北海道で緑で覆われている畑はありません。※秋まき小麦の畑は例外


普通は緑肥としてエン麦などを一種類だけ育てるのですが、ミックスカバークロップは、8種類~10種類以上の種を畑の状態や次に育てる作物を考えて種を播くそうです。カバークロップのクロップとは、作物という意味です。つまり被覆作物、収穫するためではなく、畑を覆ったり、生きた根が伸びて、土壌微生物を増やしてくれたりします。そして不耕起とは耕さないことですが、これには育った植物を倒すローラークリンパーという機械や、倒れて被覆作物の上からでも播種ができる不耕起ドリルという播種機が必要になってくるので、ここはいろいろと用意する必要があります。お話の中では、トラクターで耕起すると有機質だけを入れている土でもミミズがいなくなってしまうそうですが、不耕起の畑にはミミズがたくさん生きているということです。


もっと畑でいろいろと話をお聞きしたかったという思いはありましたが、またいつか訪問させていただきたいと思います。

Comments


 最新記事
 SEARCH BY TAGS: 
bottom of page