アスパラにキトサン散布


アスパラにキトサンを散布し、病気を抑制すると共に立茎期の徒長の抑制をすることで、養分を効率よく若芽に送る栽培に挑戦されています。@福岡県大木町

基本は潅水での使用ですが、立茎期には、週に1回の間隔でキトサンを葉面散布することで、エチレン誘導による徒長抑制効果により、節間が伸びにくくなり、病気にも強く、農薬の低減に効果があります。

39回の閲覧
 最新記事