緑肥で炭素補給の土作り


コクのある美味しさで人気の中玉トマトの定植が完了しました@和歌山県有田川町

昨シーズン、チッソ過剰ぎみになっていた土壌には、緑肥としてソルゴーを蒔き、8月下旬にすき込み、その後に米ぬかボカシも入れて炭素のバランスを調整した土作りをされました。さらに通路にはモミガラを敷き、炭素はこのあとも補給していく計画です。

12月頃の収穫はじめから、いきなりあの美味しさを出してもらえることを期待しています。

写真は、8月下旬の緑肥すき込みの様子。

141回の閲覧
 最新記事