• 瀬尾義治

北海道のジャガイモ栽培

キトサン散布により、エチレン、ジャスモン酸などの植物ホルモンの誘導があるので、徒長を抑制する効果、塊茎形成を促進する効果などが期待できます。

定期的な葉面散布により、地上部の生長が揃うのも特徴です。地上部の生長が揃い、地下でも玉揃いがよくなると製品歩留まりが高まることが期待できます。

写真は北海道斜里郡斜里町の様子。

12回の閲覧
 最新記事