風害からの回復


オホーツク管内で5月20日から2日ほど続いた強風による被害は甚大で、瞬間風速は30mを越すところもあったようです。あれから20日ほど過ぎたビートの状況を見せていただきました。写真:2019年6月10日

6葉ほどあった葉がなくなり、心配されていましたが、キトサン散布の効果もあり、傷口がきれいに修復していました。雨が降らず、乾燥が続き土が乾いていたことも被害を大きくした原因のひとつだったようです。

「キトサンを育苗で使っていたので、根が張っていたのも回復が良かった要因のひとつだと思う」と農家さん@美幌町

台風などの風害のあとにはキトサン散布を!

2019年5月20-21日の風害直後の様子 

2019年7月21日には、こんな状態に回復していました。

ビートの根もこんなに大きくなっていました。

85回の閲覧
 最新記事