近年のキトサン研究の増加


2017年にキトサンの有効性とその作用メカニズムに関する包括的なレビュー「Chitosan in the Preservation of Agricultural Commodities 1st Edition」( Romanazzi et al.,2017 )が最近発表されました。

近年、この分野の基礎研究および応用研究は急速に進歩し、キトサンの研究論文は増加しており、その膨大な研究の中でも注目すべきは、過去5年間の調査(2013〜2018年)に基づいた研究です。それがキトサンの3つの特性:①植物免疫の誘導、 ②抗菌活性、③表面の被膜形成です。

グラフ:過去30年間に公開されたキーワード「キトサン」および「ポストハーベスト」を使用した検索数 Scopus(世界最大級の学術記事データベース) 2018年11月6日

キトサン施用の有効性は、3つの作用メカニズムの統合から生まれます。果物や野菜に合成農薬の残留物を含まないようにという消費者の要求が増えており、許可された有効成分と最大残留物制限に関しては、行政機関により規制されています。また、大規模な店舗は、法的な規制よりさらに低減するために互いに競合しています( Romanazzi et al.,2016b )。 これらの傾向は、合成殺菌剤の代替品の施用の概念をより一般的なものにし、すでに医療でも使用されているキトサンは特に歓迎されています。

62回の閲覧
 最新記事